Event

”江戸期の銭湯ジオラマ”見学会付き
トークイベント
「銭湯×コミュニティの未来」

未来のくらしのヒントやタネについて意見交換するイベント「未来定番サロン」。
江戸期から、地域の人々が集う場であった「銭湯」。内湯が普及したことにより、銭湯の数は年々減少している一方で、イベントを開催したりアートを展示するなどして、入浴という行為以外で集う人々が銭湯を起点に新たなコミュニティを形成するケースも生まれています。銭湯と人々との関わり方はどのように変化してきたのか?銭湯は人々にとってこれからどのような存在になっていくのだろうか?「コミュニティ」を切り口に銭湯の歴史をたどりながら、会場のお客様とともに考えるイベントです。

◾️開催概要
【日時】
2019年3月24日(日)14:00~15:30 (受付は13:30~)

【料金】
1,000円(税込)

【お申込み】
peatixによる事前申込をお願いしております。

(2019年3月8日(金)12:00〜 販売開始)

【定員】
15名様(先着順)

【会場】
未来定番研究所
東京都台東区谷中5丁目9-21 (JR日暮里駅徒歩4分)
https://www.miraiteiban.jp/information/

【イベントプログラム】
江戸期の銭湯ジオラマ見学&解説・ゲストによるトークセッション

【ゲスト】

伊藤ガビンさん
編集者、女子美術大学短期大学部教授。コンピュータホビー誌ログインの編集者からスタートし、メディアを問わず編集やデザイン、映像制作等を行う。2020年に行われる東京ビエンナーレに湯屋をテーマにした作品を制作予定。


町田忍さん
1950 年東京生れ。和光大学卒業、在学中ヒッピーに憧れヨーロッパ風来旅行に出る。警視庁警察官・デニーズのコックなどを経て庶民文化研究所を設立。江戸から昭和にかけての庶民生活を多面的に研究。特に銭湯に関しては第一人者。銭湯ペンキ絵も描く。テレビや映画の時代考証も担当。著書「納豆大全」小学館・「蚊遣り豚の謎」新潮社他多数。現在(社)日本銭湯文化協会理事。


中村出さん
1984年生まれ。山形県新庄市出身。2009年まで工学院大学後藤研究室で日本建築と保存、修復について学ぶ。現在、家業建設会社ヤマムラで取締役、昨年建物再生室を立ち上げる。一昨年、台東区谷中界隈の仲間3人と共に、建物とまちの再生会社、まちあかり舎を立ち上げる。同じく台東区のNPO法人たいとう歴史都市研究会の理事としても活動している。

 

■その他
・ゲストへのご質問等がある場合は、コメント欄にお申し込みの際にご記入下さい。
・会場は畳敷きのお部屋となります。当日はお履物を脱いでおあがりいただきます。
・当イベントでは未来定番研究所の取材が同時に行われます。撮影不可の方は事前にお申し出下さい。
・許可なき撮影・録音は、ご遠慮願います。
・キャンセルにつきましては、いかなる場合もお受けしておりませんので予めご了承ください。

【イベント内容に関するお問い合わせ】
未来定番研究所 info@miraiteiban.jp
(必ずお問い合わせ者様のご連絡先と「未来定番サロン問い合わせ」の旨をご記入下さい。ご連絡先なき場合は、ご回答できない場合がございます。)

【チケットシステム(Peatix)に関するお問い合わせ】
サポートダイヤルの受付時間 10:00~18:00  年中無休 (GW、年末年始は除く)
番号:0120-777-581
フォーム:http://help.peatix.com/customer/portal/emails/new